I do not really like staged photography. I like capturing one real moment. Because I believe it tells a better story. Simply a personal preference.

“… For this is the great secret, which was known to all educated men in our day: that by what men think, we create the world around us, daily new.

And now the priests, thinking that this infringed upon the power of their God, who created the world once and for all to be unchanging, have closed those doors (which were never doors, except in the minds of men),…”

Marion Zimmer Bradley “The Mists Of Avalon”

どこ

また底に落ちた。井戸の底。 理由は解らない 梅雨なのか生理なのか、 もっとなんかあるのか。 いつからか、 もわからない。 さっきまで通に考えて動いていたのに、 ある時に気づいたら、もう、ソコにいる。 現実と地上から遠くて、暗くて、狭い井戸の底だ。 考えを行動と繋がる糸が切れた。 「あぁ…」と、時計を見て、「30分で出ないといけない」 と、さっき風呂からでて、まだタオルを頭に巻いている状態。 通常でも、この状態からだと、身支度には、 少なくとも一時間ぐらいはかかる、でも… 「やばい…急がないと…」と思っても、体は動かない。 動いても、違うことをする。 「体が苦しい…なんとか食べないと…」 思ってもすぐ忘れてしまい 頭が重い。 一回瞬きしたら、三時間すぎた。 大好きなお祖父さんの75歳の誕生日 に電話さえできない 自分が許せない。大嫌い。 でも、そういった怒り、 悲しみと苦しみはもう、届かない。 また、ソコには、 感じるのは頭痛だけ。